リサーチ115

リサーチ115 > マレット

マレットの基礎知識

マレットとは?
マレット
木琴や鉄琴の演奏に用いられる撥のこと。マレット (鍵盤打楽器)を参照のこと
ゴルフに用いられるクラブ (ゴルフ用具) クラブの一種
#上記のクラブを用いた競技マレットゴルフの略称
ポロに用いるスティック状の道具
襟足部分だけを長く伸ばした髪型のこと。マレット (髪型)を参照のこと。

マレット (髪型)とは?
マレット(mullet)とは、髪型のひとつ。前髪など全体的にはショートヘアだが、襟足部分の髪だけを長く伸ばしたもの。側頭部は刈り上げにすることが多い。
ダサい髪型の代名詞ともされるが、一部の人々には根強い人気がある。
名称の由来は見た目がボラ(英名がmullet)に似ているため。
もともと欧米では1970年代に流行が始まり、1980年代に大流行を見た。
1970年代初頭、襟足だけを伸ばした髪形だったデビッド・ボウイが人気歌手となり、グラム・ロックの流行とともにこの髪型も流行し始めた。
1970年代末以来マレットは一般にも大流行し、1980年代に人気が爆発した。歌手のマイケル・ボルトンやバンドデュラン・デュランのメンバー、80年代の人気ドラマ『冒険野郎マクガイバー』の主人公アンガス・マクガイバー、80年代に全盛期を迎え今でも続く長寿昼ドラマ ソープオペラ『ジェネラル・ホスピタル』の俳優たちなどがこの髪型の例である。マレットは、スパイクヘア(spiked hair、ヤマアラシのように髪をツンツンに立てた髪型)やブロンドハイライト(blonde highlights、髪の部分部分を金色の明るい線状に染める髪型)同様、1980年代の狂った流行のひとつに数えられる。

マレット (打楽器)とは?
楽器名 マレット
その他の名称
英語名
ドイツ語名
フランス語名
イタリア語名
中国語名
分類 打楽器、鍵盤楽器
音域
関連楽器
演奏者
製作者
関連項目
マレットとは鍵盤打楽器を含む様々な打楽器を演奏する際に用いられる撥(ばち)のことである。
楽器によって材質や硬さなどが違い、膨大な種類が存在する。
シロフォン向けヘッド -黒檀・硬質ゴム・プラスティック・アセタール
グロッケンシュピール グロッケン向けヘッド -真鍮・アルミ・他シロフォンと同質の物
マリンバ向けヘッド  -ゴムに毛糸や綿糸を巻きつけた物・ゴム

マレット (アスティ県)とは?
nomeComune_ja マレット
nomeComune Maretto
linkStemma Maretto-Stemma.png
siglaRegione PMN
siglaProvincia AT
latitudineGradi 44
latitudineMinuti 56
latitudineSecondi 45
longitudineGradi 8
longitudineMinuti 2
longitudineSecondi 7
mappaX 39
mappaY 74
altitudine 240
superficie 4.86
abitanti 382
anno 2005年
densita 78.60

マレット (鍵盤打楽器)とは?
マレットとは鍵盤打楽器等を演奏する際に用いられる撥(ばち)のことである。
楽器によって材質や硬さなどが違い、膨大な種類が存在する。
シロフォン向けヘッド -黒檀・硬質ゴム・プラスティック・アセタール
グロッケン向けヘッド -真鍮・アルミ・他シロフォンと同質の物
マリンバ向けヘッド  -ゴムに毛糸や綿糸を巻きつけた物・ゴム
ヴァイブ向けヘッド  -マリンバと同系のもの
なお、持ち手(柄)の材質は、プラスティック・籐・バーチ(木)の物が多い。
日本では、クジラの髭をマレットとして用いて演奏されていたという歴史もある。
マリンバ
シロフォン
ヴィブラフォン
グロッケンシュピール

マレット関連商品

多数のネットショップからマレット関連の商品を探して一覧表示しています。

木琴 鉄琴/マレット
木琴 鉄琴/マレット...
ティンパニ関連商品 マレット
ティンパニ関連商品 マレット...
アンコール マリンバ・マレット ツー・マレット・マリンバ・シリーズ EM-TM1 ハード
多くのマリンバ・マレットが“4本バチ”仕様で作られる昨今、敢えて“2本バチ”にこだわったマレット。小振りながら重みのあるヘッドで、微かなタッチから密度の高い音圧まで、たっぷりと表現できます。国際レベルのコンクールでの使用を想定した逸品です。硬さはハードです。...
アンコール マリンバ・マレット ツー・マレット・マリンバ・シリーズ EM-TM2 ジェネラル
多くのマリンバ・マレットが“4本バチ”仕様で作られる昨今、敢えて“2本バチ”にこだわったマレット。小振りながら重みのあるヘッドで、微かなタッチから密度の高い音圧まで、たっぷりと表現できます。国際レベルのコンクールでの使用を想定した逸品です。硬さはジェネラルです。...
ドラムマレット マイクバルター / MIKE BALTER MB-LB1
ドラムマレット...
SUZUKI《スズキ》SP-290W ティンプトンドラム マレット
ティンプトンドラム用マレットです。...
VIDEO KILLED THE RADIO STAR 伝説のビデオ・メイカー~デヴィッド・マレット|デヴィッド・マレット|キングレコード(株)|送料無料
VIDEO KILLED THE RADIO STAR 伝説のビデオ・メイカー~デヴィッド・マレット|デヴィッド・マレット|キングレコード(株)|送料無料...
マレット キーボードマレットSCK-3 VH プレイウッド
SCK-3 マレット キーボード用 プレイウッド グロッケン シロフォンなどに...
マレット キーボードマレットSCK-4 VH プレイウッド
SCK-4 マレット キーボード用 プレイウッド グロッケン シロフォンなどに...
マレット キーボードマレットSCK-2 H プレイウッド
SCK-2 マレット キーボード用 プレイウッド グロッケン シロフォンなどに...
Pearl 662-M ティンパニ マレット
Pearl(パール) 662-M ティンパニ マレットです。 スクールバンドからアンサンブルまで幅広く対応するマレット。 662-Mは幅広く使用できる標準的なモデルです。 ミディアム サイズ:15×360mm 定価4095円(税込)...
ゴム製マレット
ゴム製マレット (単品売りはしておりません。クリスタルボウル購入の方にのみ販売いたします)2310円・サイズ:総長19センチ、柄の部分長さ15センチ、ゴム球部分直径約4センチ、・仕様:ゴムで出来ている部分に木製の柄がついています。...
プレイウッド マレット/ビブラフォン・マリンバ用 PLAYWOOD M-501/RED
◎マレット/ビブラフォン・マリンバ用《特長》ヴァイブラフォン、マリンバ用綿糸巻きマレット。菱型芯に縒りの強い綿糸を使用、明 確で甘い音色のマレットです。◎仕様●サイズ:VH(φ 32 × 390)●籐柄赤綿糸巻・・・...
【送料無料】ドレミパイプ ドレミパイプ専用マレット WKR1 ※ラッピング承ります※
【ドレミパイプ専用マレット】マレット:2本1組少ない力で音が出やすいよう樹脂の固さなどを工夫した専用マレットです。手が小さくてドレミパイプがしっかり持てない場合や力が弱くきれいに音が出せない場合にもご利用ください。...
マレット スタンド 9450 アイダ
アイダ楽器のマレット スタンドサイズ(高さ)H 70〜110cm...
マレット キーボード用 M4010シリーズ
マレット キーボード用 M4010シリーズ プレイウッド...
マレット キーボード用 XG-302
マレット キーボード用 XG300籐柄シリーズ...
トーキング・ドラム用マレット REMO LREMTD101570
トーキングドラム専用のマレット...
ライフ 2000シリーズ 400 ミッド マレット/460 ツアー ブレード パター
セール 400MIDマレット &460TOURブレードSSG ULTRA SLIM仕様好評を博したIMO、2BARスカラブのSSG SLIM仕様に続きJLPGAツア−でも高い人気を誇る400MIDマレット、460TOURブレードのSSG仕様が新たにラインナップ安心感のあるオーソドックスなマレットタイプ2000シリーズ400MIDマレット総重量523g バランス D7レングス33、3...
マレット キーボード用 M6012MH M6000シリーズ
M6012 キーボードマレット プレイウッド...

疑問・質問・口コミ

ヤフー知恵袋から「マレット」に関する疑問・質問・口コミ情報をピックアップ。プチ情報があるかも!?

質問
ドラムのタムについて。 ハイピッチとかミドルピッチとかローピッチって、何を基準に決めてるんでしょうか? ヘッドをトップ・ボトム共に外した状態でシェル内側を手やマレットで叩き、その ピッチに合わせてトップ・ボトムを共に同じピッチにチューニング。これがファンダメンタルトーンであり、ミドルピッチと解釈してよろしいでしょうか?

ベストアンサー
>ヘッドをトップ・ボトム共に外した状態でシェル内側を手やマレットで叩き、その ピッチに合わせてトップ・ボトムを共に同じピッチにチューニング。これがファンダメンタルトーンであり、ミドルピッチと解釈してよろしいでしょうか? ファンダメンタルトーンに関してはそれで合ってますけど、=ミドルピッチという訳ではないです。 ピッチに関してはヘッドのテンション感覚といった割とアバウトな物で、人それぞれで違ってくるものです。 実はファンダメンタルトーンをキッチリ取ってるメーカーって物凄く限られてます。 僕が知ってる範囲ではDWくらいですね。

質問
ヴィブラフォンにレキサンヘッドのマレットは使用していいのでしょうか? 硬い音を出したいのですが、もしダメだったら、何を使うのがいいですかね? アバウトですいません汗

ベストアンサー
常にそのような状態になるわけではありませんが、2回ほど、同じような

質問
物理のカテゴリーでも質問したのですが、中々回答がつかないので、こちらでも失礼します。 ゲーデルやティプラー、ロナルド・マレットの理論に出てくる回転する時空が上手く想像出来ません。たとえば回転するブラックホールの中の閉じた時間的世界線において、回転する方に向かって速度をあげて一周すると過去の自分を追い越したりするなんていう現象がおこるということでしょうか? 回転する時空、閉じた時間的世界線について具体的な例を教えて下さい。 お願いしますm(._.)m

ベストアンサー
私は時間は物質の変化する状態と考えています。 絶対的に時間が存在して空間と関係しているとして,相対性理論も成り立っていますが,これは非常に限られた限度で証明されているようにしか感じません。 即ち地球でGPSでカーナビの地図を現すのに,人工衛星からの電波調整を少ししなければ狂いが来るのは,地球が空間を少し歪めているからという理由でが,同時に時間調整に合わせています。 このような範囲でしか証明として存在してない事が,宇宙規模の解釈になっていて,空間が広がる話にまで繋がっています。 空間が広がる事が時間の初めに繋がっているようですが,それで時間が自由に動くなら逆に向かう時間がありえる様な話です。 それで > 過去の自分を追い越したりするなんていう現象がおこるということでしょうか そしてこれが回転するブラックホールの中で起こるという事で。 ところでブラックホールと言われるものが,現実に見えないので好きなように解釈されているようにしか見えません。 現実に果たしてそのような速さで回転などしているでしょうか。 私は元々のブラックホールというのは存在してないと考えています。 これは現在の宇宙観で,空間から初まったとしているものの根底から必要な要素で出ているもので,宇宙観自身が違うものになると存在してないという考えです。 単に光が表に出ていないだけの,恒星が殆ど終わりに近付いたものです。 こういう事で私の宇宙観で回答しているので,参考に載せてみます。 ブラックホールに関して後の方になるのですが,私の根源の宇宙観自体が全く恒星の構造共々違っているので,前置きが長くなってしまいます。 先ずビッグバン自体も,私は存在してなかったという事で回答しました。 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12127993867

質問
音楽用語について 打楽器の鍵盤の楽譜に w/woodWinds w/brass mlts と表記があったのですがどう意味でしょうか。おそらくマレットの指定だと思うのですが… よろしくお願いします。

ベストアンサー
それぞれの「W/○○」と言うのは「with ○○」、 つまり○○がwoodWindsであれば「木管楽器群と(又は木管楽器が)同じことをやる」、 brass mltsであれば「金管楽器群、打楽器のマレットを使用する楽器群と(上に同じ)同じことをする」、 という意味ではないでしょうか? 「mlts」が何の略語かはよくわかりませんが、 おそらく打楽器でマレットを使用する楽器、 ティンパニやシロフォン、グロッケンシュピール、 マリンバ等ではないでしょうか? 少なくとも「使用するマレットの指定」ではないと思えます。

質問
マリンバの基本的な奏法についてです。 マレット(ばち)を通常2本~6本両手に持ちますが、何本持つかは楽譜に記入されており、曲で決まっているのでしょうか? それとも演奏者が演奏し易さや、曲の表現に合わせて選択するのでしょうか? また、一般に両手に1本づつ持ち演奏するのと、複数持って演奏するのではどちらが大変でしょうか?普通に考えれば前者の方が簡単そうですが、手に持つマレットが少ないほど場合によっては腕の動きが激しくなる様にも感じられます。

ベストアンサー
楽譜に何本ずつ持ちなさいと記載されていることはほとんどないと思いますよ。 四和音が出てくるなら、二本持ちといったように、和音によって自然と持つマレット数が決まってくるものと思います。

マレットから連想されるキーワードを表示中

このページはWebサービスを利用して作成されています。詳しくは以下のページをご覧ください。

リサーチ115とは?


since 2010/05/13 Copyright (C) 115. All Rights Reserved